「インフラメンテナンス国民会議」(地方版フォーラム中部)を経て中津川市と当社がマッチング

「インフラメンテナンス国民会議」(地方版フォーラム中部)を経て中津川市と当社がマッチング

「インフラメンテナンス国民会議」(地方版フォーラム中部)を経て中津川市と当社がマッチング(2017.3.17)

「インフラメンテナンス国民会議」(地方版フォーラム中部)で当社が提案した、自治体の連携した課題解決および技術者育成に関する仕組み作りに関して、中津川市と当社がマッチングし、中津川市、恵那市の2市および当社で「隣接市との橋梁点検診断の技術研修」をスタートさせました。
自治体が抱える維持管理に関する課題や技術者の育成に関して意見交換を行い、特に専門知識を必要とする橋梁の維持管理の仕組み作りや技術の習得に取り組んでいきます。
この取組みは、国土交通省のホームページや建通新聞でも紹介されています。
隣接市との橋梁点検診断の技術研修.pdf

国土交通省ホームページ
国土交通省中部地方整備局ホームページ(報道発表資料:PDF形式)

「インフラメンテナンス国民会議」とは
社会全体でインフラメンテナンスに取り組む機運を高め、未来世代によりよいインフラを引き継ぐべく、産学官民が有する技術や知恵を総動員するためのプラットフォームとして設立され、以下を目指して、インフラメンテナンスに貢献していくことを目的としています。
 1.異業種の企業間連携や技術の融合を加速化し、新たな技術でメンテナンスを推進
 2.地方公共団体への支援
 3.インフラメンテナンスの理念の普及と市民参画を推進