代表からの挨拶

代表からの挨拶

社会ニーズに応えるために

 大日コンサルタント株式会社は、1952年の創業以来、幅広い分野の社会資本整備を担う総合建設コンサルタントとして、岐阜県はもとより全国47都道府県の社会資本整備を手掛け、わが国が安全・安心で豊かな国民生活と活力ある社会経済活動を持続するための技術サービスの提供に努め、また、東南アジアを中心に海外においても人びとの暮らしを支えています。これもひとえに皆様方のご支援とご協力の賜物と心より感謝申し上げます。

 さて、わが国の社会資本を巡る状況は大きく変化しており、切迫する南海トラフ地震や首都直下型地震などの巨大地震、気候変動の影響により頻発・激甚化する風水害や土砂災害、人口減少と高齢化に伴う地域社会の活力低下や地方の疲弊、高度成長期に集中的に整備された構造物の老朽化などの課題に直面しています。社会資本整備の上流側を担う私たちには、これまでに培ってきた技術に加え、新たなニーズへの対応がこれまで以上に求められています。

 そこで、2018年度からスタートした中期経営計画「改革2020」では、経営理念の実現に向けた長期経営ビジョンとして、わが国の社会資本が抱える課題や多様化・高度化する社会ニーズの変化に応えることができる『豊かな未来を拓く 総合コンサルタント』、役職員一人ひとりがそれぞれの役割をしっかり果たし、難題や新しいことに挑戦し続ける『多様な価値を活かす 時代のリーディングカンパニー』を掲げています。

 これからも大日コンサルタント株式会社は、経営理念に掲げる、"顧客に信頼される高い技術力と幅広い英知を結集し、安全で豊かな社会づくりに貢献する真のプロフェッショナルコンサルタント” を目指してまいります。また、“役職員一人ひとりが、誠実さと進取の気性を高め、新しい価値と文化を創出することにより、働きがいのある継続企業” を目指してまいります。

 今後とも、より一層のご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長 後藤 隆