平成29年度 建設コンサルタント業務研究発表会で特別賞を受賞しました

平成29年度 建設コンサルタント業務研究発表会で特別賞を受賞しました

平成29年度 建設コンサルタント業務研究発表会で特別賞を受賞しました(2017.9.13)

「平成29度 建設コンサルタント業務研究発表会」が、グランドアーク半蔵門で開催されました。
今年で17回を迎えるこの発表会ですが、80編の応募の中から「河川・水防災分野」「都市・マネジメント分野」「交通・道路・橋梁分野」「新技術・新領域分野」の4分野で、それぞれ8編の論文が発表され、2つの会場で約300人が熱心に聴講しました。

当社の発表は特別賞を受賞し、審査員である大学教授から「今日の発表の内容を実現して、全国の自治体に波及させて下さい」と励ましの言葉をいただきました。

【開催概要】

名 称平成29年度 建設コンサルタント業務研究発表会
日 時平成29年9月13日(火)
会 場グランドアーク半蔵門
主 催一般社団法人 建設コンサルタンツ協会

【発表概要】

発表者國島 昌徳(特別賞受賞)
テーマ「隣接自治体が連携したインフラ維持管理の仕組みづくり」:【都市・マネジメント分野】
概 要中山間地域の多くの自治体が課題としている「計画的な道路維持管理」を実現するために、行政・岐阜大学・地元企業・建設コンサルタントをメンバーとした「インフラ官民連携勉強会」を試行的にスタートさせ、「緩い官民連携」から始める新たな仕組みづくりについて検討したものです。

kenkongyoken_01
kenkongyoken_02
kenkongyoken_03