農業を核とした地域活性化のためのPPP(官民連携)協定を締結しました

農業を核とした地域活性化のためのPPP(官民連携)協定を締結しました

農業を核とした地域活性化のためのPPP(官民連携)協定を締結しました(2019.12.27)

大日コンサルタント(株)、西濃建設(株)、(株)大雅は、岐阜県山県(やまがた)市と農業を核とした地域活性化に関するPPP(官民連携)の基本協定を締結しました。

3社は新会社「アトレファームジャパン(株)」を設立し、県内最大級の農園を中心に「交流人口の拡大」「農業の活性化」「地域との連携」「地域ブランド・認知度の向上」「雇用創出・関連産業の賑わい」など、農業の魅力を活用したエリアマネジメント型の地域活性化に取組みます。
完成後の施設では、体験農園として“いちご・高級ぶどう・ブルーベリー・さつまいも”など、1年を通して収穫を楽しめます。また、併設のカフェでは新鮮なフルーツを使ったスウィーツが楽しめます。

来年には東海環状自動車道山県インターチェンジの開通が予定されており、「人・もの・食文化」を軸とした都市部との交流による地域活性化が期待され、その中心的な存在になり、地域の皆さまに愛され必要とされる施設になれるように頑張っていきます。

 

西濃建設株式会社
https://www.seinokensetsu.jp/

株式会社大雅
http://15meijin.com/


 

【着目ポイント(先駆性)】

  • 全国的にも稀な、農地を核とした民間発案型のPPP(官民連携)協定による事業
  • 全国的に注目を浴びているスマート農業の導入や就農・既存農家の支援
  • 体験農園による国際品質規格「Global G.A.P.」の取得による安全・安心・美味しい食の提供とインバウンド対応

 

【目指す地域活性化の姿】

  • 県内最大級の農園を核とした地域ブランドの創出
  • 交流人口の拡大によるにぎわいの創出
  • 周辺施設との連携による相乗効果の発揮
  • 新規就農者・既存農家の支援による就農人口の拡大

 

【新会社の概要】

 会社名   :アトレファームジャパン株式会社
 場 所   :岐阜県山県市出戸
 農園面積  :約3.5ha
 主な農作物 :いちご、高級ぶどう など

【スケジュール】

 2020年度中のオープンに向け3社の技術を結集して整備を進めます。
 本事業の情報は、3社や新会社のホームページ等で随時発信していきます。
 どうぞご期待ください。

choinsiki1_attraitferme
choinsiki2_attraitferme
choinsiki3_attraitferme
choinsiki4_attraitferme

attrait-ferme-japon1
※整備イメージ
出典:「空中写真データ」(国土地理院)(https://www.gsi.go.jp/index.html)をもとに大日コンサルタント(株)作成