防災/維持管理ソリューション

防災・維持管理ソリューション

 

グラウンドアンカーの維持管理は当社にお任せください

緊急輸送道路や民家に近接する法面や急傾斜地などの防災上重要な斜面には、数多くのグラウンドアンカーが設置されています。今、グラウンドアンカーは、計画的・効率的な維持管理を行うため、適切な点検・モニタリングや所要の安全性確保に必要な対策が求められています。

◆老朽化したグラウンドアンカーが問題になっています

 グラウンドアンカーが国内に導入されて約60年。アンカーの老朽化に伴う問題が各地で生じています。特に防食技術が開発途上の時期に施工されたアンカーにおいては、腐食に伴う機能低下による法面の変状やアンカーの破断・飛び出しによる第三者被害などの問題が発生しています。また、アンカー頭部の劣化等によりPC鋼材の除荷が行えず、詳細調査や処置不可能なアンカーも多数あります。

現状の法面対策
グラウンドアンカーの破断事例

現状の法面対策(グラウンドアンカー)

グラウンドアンカーの破断事例

◆当社が提供するソリューション

 当社は、グラウンドアンカーの維持管理に関する計画策定〜点検調査〜補修設計をトータルで提案、実施し、計画的かつ効率の高い斜面防災を可能にします。
 様々な条件の現場で、より適切に斜面の健全性を評価し、優先度に配慮したより安全な対策工を立案するソリューションを提供します。

anchor_flow

リフトオフ試験や緊張力除荷が困難なナット式アンカーは
「ロード・リリーサー」にお任せください

既設アンカーには、緊張力除荷が困難であるため、リフトオフ試験や処置不可能なアンカーが多数存在します。これまで不可能と思われたナット式アンカーの緊張力除荷にはロード・リリーサーが活躍します。

リフトオフ試験や荷重除荷が困難なケース

roadreleaser_1
roadreleaser_2

余長が短い

腐食が著しい

roadreleaser_subtitle

ロード・リリーサーは、アンカーヘッドのナットを特殊刃物で破砕して、安全にアンカーの除荷をすることができます。

リフトオフ試験状況

リフトオフ試験状況

お問い合わせ

大日コンサルタント株式会社
コンサルタント事業部 交通基盤計画部 防災・地質グループ
TEL : 058-271-2508