当社の係員たち

がんばる社員のすがた

当社の係員たち

希望に満ちた期待のルーキー

  • 業務の中で仕事の流れを習得
  • 将来の自分の専門分野を探究

20代 係員

01_staff_1

大日コンサルタントのここが好き!!

大日コンサルタントの、個人ではなくチームで仕事を行うところが好きです。
総合コンサルタントと呼ばれる当社は、あらゆる分野の業務をこなします。しかし、どの業務においてもチームを組み、仕事を行うことで、一人一人が孤立せず、お互いを助け合いながらも、常に切磋琢磨し技術の向上がはかれる環境となっています。

社会を支える農業土木のプロを目指して

私は現在、主に農業土木に関わる分野を担当しています。大学では土木分野を専攻していたため、最初は農業土木とはいったい何なのか、という所から始まりました。
農業土木とは、その名前のとおり土木技術を用いて農村地域を主体に地域全体の基盤整備を行い、農業の土地及び労働力の生産性を高めることを言います。簡単に言うと、営農者や農業に関わる方たちにより良い環境を提供する仕事だと言えます。
就職するまで、農業とは無縁の生活を送ってきましたが、仕事を通して、営農に必要な水利権の取得、用排水路や農道の設計など様々なことを学び、経験することができました。
私たちが生活していくうえで、お米や野菜など食料の供給は欠かすことができません。そんな、社会を支える基盤である農業土木に携われることを誇りに思い、プロとして最高のサービスを提供できるよう日々成長していきたいと思います。

20代 係員

01_staff_2

大日コンサルタントのここが好き!!

「若手社員が積極的に意見をいうことのできる環境」であり、「上司・他の技術者に相談しやすい環境」があることが好きなところです。
若手社員の意見も積極的に採用してくれるため、モチベーションの向上につながります。また、総合建設コンサルタントである当社の強みはあらゆる分野の業務をこなすための技術者がいるところであり、上司は勿論、他部の技術者に気軽に相談できる環境があることで若手社員が成長しやすい環境になっています。

多様な知識・視点から提案 やりがいある仕事

私の所属する都市計画グループが担当する業務は、国指定計画に係る検討や観光振興策の検討等といった各種計画・対策検討、施設・公園等の個別計画~設計、PPP/PFI検討などなど、多岐にわたります。
計画系業務には設計と違って基準がないため、「唯一の正解」というものはありません。「自分たちが良いと思った内容をいかに相手に説明し、納得してもらえるか」そのために上司や先輩に相談し、アドバイスをもらいながら仕事に取り組んでいます。また、業務内容が多岐にわたり、それぞれに指針や基準があるため、日々勉強しつつ業務に取り組んでいます。正解がないために多角的な視点・幅広い知識が必要とされますが、非常にやりがいがありますし、自分の意見を認めてもらえた時の嬉しさも感じられます。
3年目の今年は、公園等の設計を中心に検討業務といった都市計画グループの仕事の他、河川グループの業務(堤防点検業務や河川構造物設計)も担当しています。他のグループの仕事の仕方を学ぶとともに、高い技術力を身に着け、幅広い分野に精通している技術者になれるよう頑張っていきたいです。

20代 係員

01_staff_3

大日コンサルタントのここが好き!!

会社を良くしていこうという取り組みが多くあるところが好きです。私も社内プロジェクトに参加し、未来の担い手を大日コンサルタントに呼び込むための提案を行い、会社の魅力を高め、より良くしていこうという活動をしています。若手社員や女性社員が多く参加し、自由活発な議論が行われているだけではなく、普段交流のない社員とのコミュニケーションの場にもなっています。

多くの人に伝えたい 伝わる・伝える整備効果

私は交通基盤計画部に所属し、主に道路計画の上位にあたる交通計画の分野を担当しています。主な業務は、整備効果検討、渋滞対策検討、事故対策検討であり、最近は、整備効果検討の中でも開通効果公表資料の作成や渋滞対策検討業務に携わっています。
最近、仕事に対するモチベーションが上がったのは、自分が調査検討を行った後作成した開通効果公表資料や現地撮影写真が、発注者のホームページや新聞記事にも掲載されたことです。
どの業務にも共通して求められるのが、課題や対策、効果などが多くの方に理解してもらえるわかりやすい資料を作成することです。道路設計のように、設計図という目に見える成果が得られるのではなく、調査検討結果を多くの方が見てもわかりやすい資料にする必要があります。入社して3年目になった現在でも、わかりやすい資料とは何かを考えながら資料作りには苦戦していますが、優しい上司に囲まれ、日々業務に取り組んでいます。

20代 係員

01_staff_4

大日コンサルタントのここが好き!!

私は文系学部出身ですが、建設コンサルタントに入りたいと思い就職活動をしていました。業界の特色上文系お断りの会社説明会なども多い中、大日コンサルタントは私一人の為だけに会社訪問の機会を設けてくださりました。私はその際に掲げられていた「人材こそ経営資源」ゆえに人を大切にするという考えに惹かれました。入社後も上司や役員の方と話す際、どんな時でも手を止めて、向き合った状態で話していただける事など上記の考えが会社に浸透していることを感じます。
ほかにも入社した時点で頂ける有給休暇や資格取得支援制度など、社員に対してのサポートが厚いところも魅力的です。

時代に即した柔軟な経営体制

私は自分が関わる街のために仕事がしたいと思い、岐阜県下で最も規模が大きく、歴史の古い建設コンサルタントである大日コンサルタントを希望しました。当初、土木建設会社というと昔からの伝統や考えを重要視する、かたい会社というイメージを持っていました。ところが、大日では時代のニーズが新設から維持・管理の時代になればいち早く保全専門の部署を立ち上げたり、最新技術を積極的に利用するなど時代に即した新しい事業に率先して参入しています。また社内問題(長時間労働、技術者育成)への取り組みも、ノー残業デーやローテーション制度、フレックスタイム制度などの対応策を講じており、想像していたイメージとは異なり柔軟な態勢をとっていました。
私はこうしたその時その時に応じた行動を速やかにとることができる所が大日コンサルタントの良いところだと思います。

20代 係員

01_staff_5

大日コンサルタントのここが好き!!

上司と部下の垣根がなく、コミュニケーションが取れるところが好きです。大日コンサルタントは本社・支社ともに女性社員が多いので、女性が発言しやすく、その意見が通りやすい環境が整っています。業務内での相談はもちろんのこと、業務以外の話も気軽に相談できるのも良いです。また、様々な分野の部署で構成されている総合コンサルタントなので、自分の専門分野以外のことをすぐに相談でき、業務をスムーズに進めることができます。

地図に残るやりがいある仕事 ”これが私が設計した橋です”

私が所属する東京本社は、道路・交通計画関連をメインとした部署と、橋梁・構造物関連をメインとした部署の2部署構成となっています。その中で私は橋梁・構造物関連をメインとした部署に属し、新設橋梁・構造物の設計、既設橋梁・構造物の補修・補強設計を行っています。
「新設設計」と「補修・補強設計」は、同じ「橋梁・構造物設計」なので似たようなものに思えますが、なにもないところからすべてを作成する「新設設計」と、すでに出来上がっているものを治療・強くしてあげる「補修・補強設計」は全く異なるものです。その2つを同時並行で頭を整理しながら進めていくことはとても大変ですが、上司から的確なアドバイスをもらいながら、毎日頑張っています。東京本社は上司に質問しやすい環境が整っており、安心して業務を進められています。
私たちが設計したものが実際に工事で製作され、それが地図に残る。いつか、家族や友人に「これが私が設計した橋梁・構造物だ」と自慢できるようにこれから設計の勉強にさらに励んでいきたいと思っています。

20代 係員

01_staff_6

大日コンサルタントのここが好き!!

コミュニケーションがとりやすい環境が好きです。業務に関わることはもちろん、他愛もない話も若手ベテラン関係なく話すことができ、楽しく業務をこなすことができています。現在携わっている交通分野に関する知識はほとんどなく、わからないことばかりでしたが、質問がしやすくとても助かっています。社屋は壁のない空間となっているため、他の部にも気軽に足を運べることができ、社員全員とコミュニケーションをとることができます。

多くの人とのコミュニケーションで よりわかりやすい資料を

私は交通に関わる分野を担当しています。交通量調査や道路・IC等の開通前後の効果を調べるなど設計とは異なる業務を行っています。例えば新たにICが開通するとき、開通すると周辺の交通状況がどのように変わるのか、物流や救急の面でどれくらいの時間短縮が発生するのかなど様々な面からの効果を取りまとめます。その際にはただデータを収集するだけではなく、地元の企業や地元の人々に実際にどのような効果を期待しているのかなどの話を聞きに行くこともあります。就職するまで建設コンサルタントでは調査や設計がメインというイメージがありましたが、私が所属するグループでは効果を取りまとめたパネルやパンフレットを作成したり、実際に話を聞くためにヒアリングを行うなど、社内や発注者以外の様々な人と関わることができるのが特徴です。土木に縁のない方々にいかにわかりやすく伝えるかを考えるのはとても楽しいです。今後も積極的に新たな業務に携わり、コミュニケーションがとりやすい環境を活かして技術力アップを目指していきたいと思います。

20代 係員

01_staff_7

大日コンサルタントのここが好き!!

分からないことを質問しやすい雰囲気が好きです。
もともと土木について何の知識もなく、わからない用語が多いため不安でいっぱいでしたが、知らない言葉は作業の説明を受ける際に自分にもわかるように説明して下さりとても助かっています。また、同じ事務の先輩からは、質問の答えだけではなく経験や知識も加えて話を聞けるので、新しいことを覚えるのにも作業をするのにも実感がわきやすく、少しでも疑問に思ったらすぐに聞けることがとてもありがたいです。

地元を支える会社で働きたい!

私が大日コンサルタントを選んだ理由は、1つは地元である岐阜に貢献できる会社で働きたいと思ったこと、もう1つは一言で事務といっても様々な作業ができるところです。
入社してからは部活動やランチミーティング、社員旅行など自分の部署だけでなく違う部署の方とも交流する機会やイベントがたくさんあり、優しく面白い人が多いというのが印象です。皆さん笑顔で話しかけてくださり、緊張が和らぎました。
また、最初は分からないことだらけで不安もありましたが、困ったことがあったら同じ部の先輩に相談したり助けてもらっているので、不安を感じたまま作業することは無く安心して作業を進めることができます。今は新しいことを知ったり、できることが増えていくときにやりがいを感じています。
自分のやりたいことがあったら背中を押して、応援してくれる会社だと思います。