当社の主任たち

がんばる社員のすがた

当社の主任たち

技術を磨くチャレンジャー

  • 業務に深く関わり技術を研鑽
  • 将来の自分の専門分野に挑戦

30代 主任

02_staff_1

大日コンサルタントのここが好き!!

社内にいろいろな考えを持った人がいるところが良いところだと思います。
当社は設計や測量の仕事には長い歴史がありますが、最近は、観光や農業等の新たな業務分野へ進出する取り組みも行っています。それぞれに担当者が居て、思いも様々ですが、プロジェクトを動かすためには、いろいろな人と協議して意見をまとめなければいけません。一つのことに対して多様な見方ができることが良いところだと思っています。

コーヒーショップを起点とした観光振興の取り組み

私の部署は、設計だけでなくまちづくり等のソフト業務も行っています。また、既存の業務領域に捉われず、独自のやり方で地域活性化に貢献する新たな挑戦をしています。
都市計画グループが岐阜県高山市で行っている「TRAVELLER Coffee House Project」は、「観光案内所のようなカフェ」を起点に、高山の観光活性化に取り組む大日コンサルタント独自のプロジェクトです。私はこのカフェの店長を兼任しています。
カフェでは、旅行者におすすめのスポットや飲食店の情報を発信したり、旅行者の情報収集をしたりしています。また、お店は地元の方々や観光関係者の集いの場ともなっていて、旅行者との会話で得られた情報を共有し、サービス向上に役立ててもらっています。
これまでの業務では、まちづくりの調査や計画策定が主な仕事でしたが、今は実際に地域に出てまちづくりのプレイヤーとなり、カフェという空間を地域と観光客をつなぐ場としていく取り組みをしています。まちづくりって何だろう?という答えのない問いを抱えつつも、常にそれを考えながら働くことは、都市計画の技術者として多くのことを学ぶ機会となっています。

20代 主任

02_staff_2

大日コンサルタントのここが好き!!

個性を尊重し、まずは自分で考えさせてくれるところが好きです。私の所属する営業部では、仕事で壁に直面し悩んで上司や先輩に相談すると「君はどうしたいの?」と聞かれ、自分自身で考える機会を作ってくれます。様々な場面で部員の意見を尊重し、部全体で問題解決、目的達成を目指す環境があると感じています。上司も部下も一緒になって何事にも積極的に取り組む、まさに“one for all all for one”を実践する会社です。

会社の「顔」として顧客と会社の橋渡し役に

当社の業務は道路や河川、まちづくり等のインフラ整備のうち、主に調査・計画・設計分野において国や地方自治体が進める公共事業を支援します。私の所属している営業部の任務は、まず顧客のニーズや抱えている課題を掴みます。次に当社の技術部署と協力して最適な対応策をご提案し、お客さまの課題解決に取り組んでいます。私たち営業部は会社の「顔」であり、顧客と会社を繋ぐ重要な役割を担っています。
日々の業務を進める中で数多くの「決断」を求められる場面があります。まずは自分自身の意思を明確にし「自分がどうしたいか?どうあるべきなのか?」を考えます。次に独りでは対応が厳しい難しい状況になれば上司、先輩にアドバイスを頂き、チーム営業部としてお客様と向き合います。部署全体が目標に向かって進むことができるのが営業部の魅力です。
今後も更に様々な事に挑戦し、多くを学び自らを成長させて会社の発展に貢献していきたいです。

30代 主任

02_staff_3

大日コンサルタントのここが好き!!

大日の社員を大切にするところが好きです。
社内にはいつでも周りに相談できる雰囲気があり、私も仕事上の分からないことや困ったことについて気軽に上司に相談し、支えて頂いています。また、部署をまたいで横断的に交流する機会が多々あるので、縦(上司)と横(同僚)の繋がりにも幅が生まれ、互いを支え合う「働きやすい職場」が創出されています。
大日では、「会社の財産=人(社員)」が体感でき、自らの成長意欲が駆り立てられます!

各分野のエキスパートからの実務教育で広く深い技術者に!

私は、河川・地域環境部にて自然環境、生活環境、農業土木、民間開発等の業務分野に従事してきました。
河川・地域環境部の若手教育の教材は実務であり、担当OJTトレーナーは各分野で異なりますが、教育方針は「実務を任せること」で一貫していました。ただし、「任せること=放置」ではなく、担当OJTトレーナーには疑問・悩みが生じた際の支えや、発注者に迷惑をかけないタイミングでの声掛け、実務のポイントや成長に繋がる要素には的確に指導して頂きました。こうした実務でのOJTは、教育を受ける側にとって即効性のある非常に価値あるものと感じていますし、分野毎に様々な担当OJTトレーナーについたことで、各先輩社員の長短所を自分にブラッシュアップできたことも今の自分に生きていると感じています。
最初は、分野を絞って働きたいとスケールの小さな私でしたが、各先輩社員によるOJTにより、「広く深く何でもできる」ことに充実した大日生活を送っています。

20代 主任

02_staff_4

大日コンサルタントのここが好き!!

「社員思いの会社」それが大日であり、そこが好きなところです。
私たち建設コンサルタントは、人(社員)のアイデアや技術力が重要なため、大日は「社員こそが財産」と考えています。社員が健康で充実した生活・仕事をするためには「家族」が重要であるとの考えから家族に対する制度や休日などに使える山荘があるなど、社員にやさしい会社です。この環境だからこそ、社員の皆さんもやさしい雰囲気となり、会社全体として温かいのだと思います。

橋梁設計は温故知新 既設橋から新設橋設計を学ぶ

私は主に、新設橋の設計と、既設橋の耐震補強設計の業務を担当しています。新設橋の設計は、橋長や構造形式、架設方法などを決定、設計します。それに対して、既設橋の耐震補強設計は、対象の橋にとって何が問題で、解決策として何が必要なのか、そして施工方法等も踏まえてどんな補強形式にするのかを決定、設計します。知識と経験が足りない部分は、上司や先輩に相談し、アドバイスをもらいながら仕事をしています。
また、新設橋と既設橋を並行して担当することは、重要な経験だと感じています。それは、維持管理スペースなど、既設橋では対処できない問題点に気が付き、その観点を新設橋の設計に活かせるためです。さらに、現地調査で現場に行き、既設橋を見る機会もあるので、実際にスケール感を体感し、そのイメージを持って新設橋の設計ができることも良い経験と感じています。この経験を活かして、確実に成長し、高い技術力を身に着けていきたいです。

20代 主任

02_staff_5

大日コンサルタントのここが好き!!

好きなところは明るく活気があるところや、業務に対する真摯な姿勢などたくさんありますが、特に、若いうちから意見を言える環境であるところが好きです。
私が所属する橋梁構造部では、1年目や2年目でも中心となって業務を進めて行きます。もちろん分からないことばかりですが、分からないなりに調べて、考えて、上司に相談しながら進めます。そうして自分が設計した構造物が完成したところを見ると非常に感慨深いものがあります。

無口な橋を”みて”直す仕事

橋梁構造部では、既設橋梁の維持管理業務も行っており、具体的には「点検」、「補修・補強設計」、「橋梁長寿命化修繕計画策定」等を行っています。私は、その中でも「劣化・損傷した部分を直す補修設計」と「地震に対して強くする耐震補強設計」を行っています。1年目は補修設計、2年目は耐震補強設計に従事し勉強の毎日でしたが、自身でも成長を感じることができ、充実した日々でした。
私たちが相手にするのは、「既設の橋」です。補修設計をするにも、耐震補強設計をするにも、まずはその橋についてよく知ることが大切です。対象となる橋の資料を集め、現場で何を見て、何を調べる必要があるのか考え調査計画を立てます。現場では実際に橋を「見て・視て・診て」、物言わぬ橋からの情報を引き出します。それらの情報を基にして、補修・補強設計を行います。
入社後、若手でも様々な業務に挑戦する機会を与えていただきました。今後も色々な経験を積み重ねて、早く維持管理のプロフェッショナルになれるように頑張りたいです。

20代 主任

02_staff_6

大日コンサルタントのここが好き!!

働いていて最も好きなところは「社員のために会社全体が真剣に向き合ってくれること」です。
大日コンサルタントという会社は、会社のために社員が働きやすい環境を整えることはもちろんですが、社員がより良い生活をしていくことに目を向けてくれる会社であると思っています。生活に対する社員の意見や要望が叶うように、会社全体が真剣に向き合って解決していこうとする体制は、他社にはあまり無い大日の良いところだと思います。

新技術導入に若手が挑戦!

私が所属する河川・地域環境部では、河川計画、構造物の設計、砂防分野の調査・設計を主な業務として実施しています。現在は砂防分野の業務に携わっており、土石流災害のハード対策となる砂防堰堤の設計や、住民が避難する際の基礎資料となる土砂災害警戒区域の設定業務等を実施しています。
河川・地域環境部では、新技術の導入と若手技術者の育成に力を入れています。砂防の分野では、CIM(3次元モデル)を導入しています。そして、業務の中でいかに活用できるかを若手技術者が主体となって考えることで、若手技術者の成長を目指しています。
新しい技術に若手技術者自身が挑戦し、先輩技術者に技術的な指導を仰ぐことで、将来自信を持って業務に励むことが出来る体制を目指しているのが河川・地域環境部です。私は将来、この組織の重要な核となる人間になれるように頑張ろうと思います。

40代 主任

02_staff_7

大日コンサルタントのここが好き!!

とても居心地がよく、入社して20年以上になります。建設コンサルタントは未知の分野でしたが、やりたいことを伸ばし、磨いていける環境のおかげで、入社するまで縁がなかったCADやデザイン等の様々なスキルを身に付けることができました。
上司や同僚に気軽に相談できる雰囲気もあり、働きやすい職場です。

女性活躍を推進!輝ける職場へ!!

私が所属するコンサルタント事業部では、女性社員の能力を100%引き出す・活かす・のばす「女性活躍計画」が進められており、私は、リーダーという立場から同様の立場の二人と共に計画に携わっています。この女性活躍計画は、女性社員が意欲的にスキルアップできるような取り組みを実施することで、向上心を持って互いに教え合い連携しやすい環境を整えることを狙っており、フロアに活気をもたらす役割も担っています。
取り組みの一つとして、技術者が女性社員の誰に作業依頼をしても一定レベル以上の成果が出来上がることを目標に、個人が研修等で得た知識を皆で共有するための勉強会を開催しています。取り組みを通じて習得した様々なスキルは、部やグループの枠組みを越えて作業を行う私達にとって強みとなり、事務作業だけでなく技術補助として活躍の場を広げることに繋がっています。最近は、多様な業務に携わりながら、持てるスキルを最大限に活かして仕事ができることが楽しみとなってきました。
また、女性社員同士で作業のシェアリングが進んでおり、互いに協力することで、相談しやすく、休暇を取得しやすい雰囲気が生まれ、安心して働くことができています。