当社の課長代理たち

がんばる社員のすがた

当社の課長代理たち

複数の業務を担うチームリーダー

  • 業務を主導および管理
  • 社内プロジェクトに参画

40代 課長代理

staff_08

大日コンサルタントのここが好き!!

転職して丸4年が経ちました。自分で言うのもなんですが、そこそこ“大日コンサルタントの顔”になってきてると思います。入社当初から感じていたことですが、ココは思っていた以上に居心地のイイ会社です。それは私のような転職者が社内のあちらこちらにいて、それぞれが自分の能力を発揮している雰囲気があるからだと思います。そのおかげで転職にありがちな疎外感を感じる事無く今日まで来ました。新卒も中途採用も公平に挑戦させてくれるこの会社は懐が深いんです!

自分らしい営業スタイルを目指して!

土木系の大学を卒業し、前職は建設会社に勤務していました。ですので建設コンサルタント業の当社でも土木に関する基礎知識は通用すると思って転職してきました。しかし現実は厳しかったです。扱うサービスはどれも専門性が高く技術用語の理解に苦労しました。また多くの顧客を同時に管理する為のスピードも要求されました。“土木経験者=即戦力”という期待に応えたいプレッシャーもありました。
1年半が経ち“大日の営業マン”が少しは板に着いてきたと感じています。日々の業務では営業マンの最大使命として常に新しい仕事を追い求めてお客様と向き合っています。私の部署には20代の若手社員がいます。人生の経験者として彼らの兄貴としての存在も私の使命だと思っています。先輩からの教えを素直に聞き、それをまた後輩に教えていきたいです。せっかく入社した当社をもっともっと盛り上げられる営業マンを目指しています。

40代 課長代理

04_staff_02

大日コンサルタントのここが好き!!

転職したときの第一印象は、“真面目な”会社。真面目すぎる部分も時には見受けられますが、それを顧客満足度向上のために、一丸となって取り組もうとする社風があります。
また、これと同じくらい“自由な”会社。社員の提案を受け入れ、それを実行・実現するためのサポートをしてくれる上司の存在があり、組織であるといえます。

大日コンサルタントで技術士を取得!プロジェクトに参画!

PC橋の設計や施工を行う会社から転職し、保全部に配属され、橋梁の補修設計や耐震補強設計、橋梁点検業務等に従事しています。当社には充実した資格取得支援体制があり、このおかげで、入社翌年には技術士を取得しました。
この業界は、以前から長時間労働が問題視されています。当社は“時間外労働の削減によって働きがいのある労働環境”を創出すべく、「働きがいのある大日未来プロジェクト」という名の社内活動を行っており、私もメンバーとして活動しています。活動の結果が現れ始め、社内にこれまで無かった風が吹き始めています。中途採用の人間でも、入社してすぐにこんな活動に参加できる。またその言葉を受け入れ、変革し続けようとする社風はなかなかのものです。
それでもまだまだ人財不足です。自分の人生に責任を持って、前向きに生きていこうとしているあなたには絶好の職場です。

40代 課長代理

staff_13

大日コンサルタントのここが好き!!

測量・調査から設計、施工管理を担う総合コンサルタントのため、幅広い分野の知識が身に付くところが好きです。また、新技術・新分野に積極的に取り組む企業風土も好きです。私は今注目されているUAV(ドローン)の社内プロジェクトに参加し、とてもやりがいを感じています。私たちは、地域を牽引するコンサルタントとして新しい技術を積極的に取り入れ活用しています。

補償コンサルタント技術者の誇りを胸に!

「補償コンサルタント」といってもあまり聞きなれない言葉かもしれませんが、みなさんが毎日通る道路や橋、癒しや憩いの場である公園施設などを造るためには、必要な土地を取得し、その土地にある建物などを移転してもらう必要があります。そのために要する費用の調査・算定をしています。
調査対象は、住宅・店舗・工場から酪農施設の生き物まで多岐に渡ります。また、行政に代わり地権者の方々と直接対話をします。地権者の想いを聴き、行政の政策を理解し、両者にとって最善の策を提供しなければならないため、大きな責任を感じながら仕事をしています。時には、地権者の想いと行政の想いの狭間で板挟みになることもありますが、完成後の地権者、行政、そして利用者の幸せそうな顔を想い描きながら仕事に励んでいます。自分が担当した物件が移転し、そこにインフラが整備される充実感は何物にも代えがたい、私の原動力です。