当社の次課長たち

がんばる社員のすがた

当社の次課長たち

高度な専門技術と指導力を持つプロジェクトリーダー

  • 課内の業務を推進・管理・指導
  • 社内プロジェクトを推進

40代 課長

staff_13

大日コンサルタントのここが好き!!

様々なチャレンジをさせてもらえるところが大日の魅力です。私は今までに「社会人ドクターコースへのチャレンジ」、「新規事業へのチャレンジ」など、会社に多くの提案をしてきましたが、いずれも背中を押してもらっています。熱い思いで提案すればチャンスをもらえる会社。それが大日です。

次世代エネルギープロジェクトを牽引!

私が初めて次世代エネルギーの業務に携わったのは2010年のことでした。その頃は地球温暖化や化石燃料の枯渇などが心配されておりましたが、切迫した問題とは捉えられていなかったように記憶しています。しかしながら、2011年3月に東日本大震災が発生した後は状況が一変しました。新エネルギーの普及や省エネルギーの推進は喫緊の課題となり、当社も多くの業務をお手伝いさせていただきました。
初めは「エネルギー分野は建設コンサルタントが手掛ける分野なのだろうか?」と思うこともありましたが、業務に携わるようになって数年経過した今、建設コンサルタントのこの分野における役割は非常に大きいと感じます。行政と企業・住民の間に立ち、社会課題の解決と民間メリットの最大化を同時に実現しようとする仕組みづくりは、我々建設コンサルタントの得意分野です。
今後も我が国のエネルギー問題解決に貢献するために、次世代エネルギー技術の最先端を走れるように技術を向上しつづけます。

40代 課長

staff_15

大日コンサルタントのここが好き!!

岐阜に本社がある大日、我が東京本社技術部は社員約20人。社員同士の距離感が近く、気軽に相談しやすいアットホームな環境が魅力です。少人数ながらも構造・道路・計画等の分野を扱い、プロジェクトごとに各分野の担当者でチームを組むことも多いので、専門分野の垣根を越えた協力体制で、多様な業務の経験を積むことができます。

多様な技術に精通した女性管理職!

大学では建築学を専攻し、土木用語一つ知らない私が、縁あって建設コンサルタントに就職。夢中で仕事に取組み、できた!わかった!の瞬間の楽しさを重ねながら、道路、地域計画、建築など、様々なジャンルの業務に携わる機会に恵まれました。2児の母でもある私は、産休・育休、復帰後の時短勤務を経験し、育児や家事のために仕事の仕方を変える必要があっても、充実した各種制度や、上司・同僚の理解に支えられて働き続けることができています。育休で仕事から離れたことで「この仕事が好き」という気持ちを再確認でき、試験勉強を続けて念願の技術士を取得しました。今年度には技術課長になり、責任のある立場で業務に携わる難しさや充実感を感じています。不安は誰にでもあるもの。たくさんのやりがいを実感できるコンサルタントだから乗り越えられることもあると感じています。

50代 次長

05_staff_03

大日コンサルタントのここが好き!!

大日一筋34年、この会社で長く働けている理由は入社後5年間の経験が善かったと思います。当時の担当は高速道路建設計画に必要な測量で、併せて県外での長期出張も多くありましたが、測量技術者は慣れない環境下であっても肉体的・精神的に強く成ることが重要でした。めまぐるしく変わる環境の中でも、諸先輩方の熱心な指導と仕事に対する熱い思いが、私に最後まで遣り遂げる気持ちを持たせてくれました。
常に環境の変化はありますが、個人成長に必要な環境が整った働き甲斐のある良い会社だと思っています。

海外事業拡大への挑戦

現在、海外部の1年生です。
海外業務のきっかけは昨年、とあるプロジェクトにおいて、測量技術者が必要になり私にオファーがあった事です。海外業務は未知の世界であるため挑戦することに戸惑いましたが、百聞は一見に如かず。測量調査分野の業務範囲拡大の可能性について自身の目で確かめるため、挑戦する事に決めました。
少ない海外経験で特に感じた事は個人の技術力・コミュニケーション力・判断力だと痛感させられました。
私の使命は海外事業の拡大の他、測量技術者として、海外の測量・調査業務に多く携わり、次世代へ技術継承することであると認識しています。そのためにも、私自身が苦手な英語を強化していかなければなりません。勤続35年を迎える今でも、挑戦の毎日です。