UAV

鳥の視点で地形を「見える化」~UAVによる多様な調査~

当社では、航空法等の法令遵守やプライバシー侵害への留意とともに、飛行時の誤操作や故障等による事故を防止するため、当社独自の運用ガイドラインや安全管理手順書を定めております。
また、飛行時はこれらの手順書に基づいた安全管理を確実に実施するとともに、事前に飛行計画書を作成し関連機関に届け出るなど、安全なUAVの運用に努めております。

UAVとは「Unmanned Aerial Vehicle」の略称です。
●低コストで安全に上空から写真・ビデオを撮影
●上空からの映像を地上で確認
●オルソ画像、地形形状を取得
●地形の高度データ(DEM)、3Dモデル、等高線図、概略縦横断図を作成

迅速に種々の画像・図面データが取得可能

●超高精度GPS搭載
対空標識無しに位置情報取得(実装中)
●多角的な写真撮影
航空機より低高度・多角度で撮影可能
●3Dモデル・簡易CAD図面
対空標識を設置することにより3次元データが取得可能

α UAV

様々な分野の調査に効果を発揮

安全・・・立ち入り困難な危険場所を飛行して、安全に空中写真を撮影できます。
迅速・・・緊急時、災害時の現地把握が即座に可能(状況把握、災害査定写真)
低コスト・・・最新地形データの活用(水理計算、環境調査、景観検討)
多様・・・維持管理における活用(河川や道路施設の点検、環境モニタリング等)

【防災・維持管理】

uav_1_2

●法面・急傾斜・地すべり
●砂防・治水施設
●道路施設
●河川施設

【災害対応】

uav_1_3

●写真・ビデオによる被災状況
●災害査定用資料

【計画・調査】

uav_1_4

●河床形状の経年変化
●河川状況の経年変化
●景観検討
●環境モニタリング
●完成図
●工事進捗確認
●イベント・広報資料

UAV活用技術

様々な用途に活用できる3次元地形データやVR(バーチャルリアリティ)データもパッケージで提供します。

【撮影~データ処理フロー】

撮影~データ処理フロー

【①オルソ画像】

※オルソ画像とは
標高データを用いて航空写真の歪みをなくし、真上から見たような傾きのない(正投影)画像。

uav_1_6

【②VR(バーチャルリアリティ)画像】

uav_1_7

【③3次元地形データ→簡易縦横断図面を作成】

uav_1_8

UAVの仕様

alpha

【α UAV】

●飛行時間 10分~20分
●外形寸法 ctc990mm×H450mm
●搭載可能重量 2.5kg
●飛行領域 マニュアル飛行/半径500m程度 自動飛行/最大1000m
●高度 250m

S900

【S900】

●飛行時間 4分~8分
●外形寸法 ctc900mm×H700mm
●搭載可能重量 3.0kg
●飛行領域 マニュアル飛行/半径300m程度 自動飛行/1,200m
●高度 高度制限なし

inspire_web

【Inspire 1】

●飛行時間 9分~18分
●外形寸法 ctc451mm×H301mm
●搭載可能重量 3.4kg
●飛行領域 マニュアル飛行/半径500m程度 自動飛行/なし
●高度 高度制限なし

phantom2

【PHANTOM2 Vision+】

●飛行時間 8分~15分
●外形寸法 ctc350mm×H180mm
●搭載可能重量 0.0kg
●飛行領域 マニュアル飛行/半径150m程度 自動飛行/500m
●高度 高度制限なし

適用事例

河川環境調査 調査場所 概 要
河川環境調査 岐阜県関市 オルソ画像作成、地形計上取得
UAV写真斜面崩壊対策 岐阜県岐阜市 写真・ビデオ撮影
施設状況把握 民間ゴルフ場 オルソ画像作成
河道モニタリング調査 岐阜県各務原市
愛知県稲沢市
オルソ画像作成、地形形状取得
災害復旧調査 岐阜県高山市 河川災害現地調査、
災害査定写真撮影